トイレ交換のメリットについて

トイレは一生同じものを使い続けるものだと思いがちですが、実は、設置から10年ほど経過すると色々とガタが出始めてきます。

便器自体の寿命は長いのですが、先にウォッシュレットやタンクが不調をきたしてしまうのです。したがって、わずかでも水漏れがあれば、業者に相談した方がよいでしょう。放っておくと、ある日突然、トイレが水浸しになってしまったということにもなりかねません。ただ、軽傷の間に相談するのはよいとして、問題は、修理をしてもらうか、思い切って買い換えるかという判断です。

わずかな金額で簡単に修理ができるのであれば、とりあえず修理をして様子をみるということでも問題はないでしょう。しかし、同じ修理でも部品を丸ごと交換となると、数万円の費用がかかることになります。それならば、思い切ってトイレ交換をした方がお得です。確かに、トイレ交換にかかる費用は安いものではありません。それなりのトイレなら10万円以上はするでしょう。しかし、最新のトイレには節水機能が付いています。今使っているトイレが10年以上前のものであれば、トイレ交換によって年間1万円以上の節水効果が期待できるのです。

したがって、長い目で見ると、ガタのいっているトイレを使い続けるより、最新のものに替えてしまった方がお得だということになります。そして、買い換えるのであればタンクレストイレがおすすめです。見た目もスッキリし、清掃もしやすいので以前と比べると非常にトイレが使いやすくなるでしょう。
水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *