住宅瑕疵担保責任保険で雨漏りを補修してもらう

住宅で雨漏りがあった場合、住宅瑕疵担保履行法に基づいた住宅瑕疵担保責任保険に加入していれば、スムーズな補修が行われます。

この住宅瑕疵担保履行法は、住宅を販売あるいは建築した事業者に、住宅を引き渡してから10年間の保証責任を義務付けていますが、10年の間にその事業者が倒産するなどして保証責任が履行できない場合は、買主が保証を求める事は困難となります。そこで、引き渡した事業者に住宅瑕疵担保責任保険に加入させることで、事業者の負担を軽くし、スムーズな補修を行うことができます。

仮に事業者が保証責任を履行できない場合であっても、買主に最大2000万円の保険金を支払うことで補修費用を補填することができます。この保険は、住宅の構造耐力上の主要な部分または雨漏りを防止する部分に欠陥がある場合に適用できます。簡単な雨漏りであっても適用できる場合がありますので、確認してみると良いでしょう。このように、この保険の最大の目的は住宅の買主を保護することと言えます。

また、こうした欠陥については買主と引き渡した事業者との間でトラブルとなるケースが多々ありますが、そうした場合であっても、住宅紛争処理支援センター、あるいは全国各地の弁護士会に設置されている住宅紛争審査会で、住宅に掛かる紛争についての専門家の相談やサポートを受けることができます。注文住宅、分譲住宅のどちらであっても、住宅の引き渡しを受けた場合は、その加入状況を契約書面でしっかりと確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *