屋根の雨漏りを放置するとどうなるか

大雨や台風の時に、天井からぽたぽたと水滴が落ちてきたり、壁や天井の一部が濡れていたり、気が付くと壁や天井にしみができて壁紙がはがれていたりする雨漏りは、屋根が劣化したり、強風などで損傷を受けたりした個所から、雨と風が吹き込み、屋根裏や天井裏に水が溜まっている状態です。

たまった水はそのまま下に落ちて、天井の部材の隙間から部屋に落ちる場合が多く、一般的な雨漏りはこのケースです。天井のどこかから水が急に滴ってくるので、驚いてショックを受ける人が多いのですが、雨がやんでしばらくすると、雨漏りがしなくなるので、そのまま放置してしまうことも多く、家が劣化する原因になってしまいます。

また、天井のどこかから水が滴ってくる場合には、わかりやすいのですが、天井裏から壁の内側にしみこんだり、壁の内側を伝って床下に落ちてしまうこともあります。この場合、壁の内側や床下を開けて、点検しなければ被害がどのくらいなのかがわからないため、放置してしまいがちで、被害が大きくなる傾向があります。

壁や床をはがして修理をしたり、場合によっては建て替えをしなければならないほど傷んでいることもあるので、費用はかなり高額になります。屋根の雨漏りを放置すると、家が急速に劣化して、修理に高額な費用が掛かることになる場合が多いので、屋根の点検を受けたり、必要に応じたメンテナンスを定期的に行うことがとても大切です。劣化する前にメンテナンスを行うことが安上がりで、家の劣化も防ぐことができる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *