キッチンの蛇口の水漏れを福岡で直す際には種類も肝心

キッチンに設置されている蛇口から水漏れが起きてしまった際には、福岡では専門会社が複数あるので安心です。

早期に修理を行うことで水を無駄にせずに済ませられ、夜間の就寝後であっても気にすることが無くなります。蛇口を閉めておけば漏れない症状でも、やはり早急に修理を依頼することは水資源を考えても大切です。蛇口の水漏れ修理を福岡で依頼することになった場合は、電話をかけて状況説明を行うことが原則として必要ですが、その時には一定の知識を持っていると電話でのやり取りから、実際に修理対応してくれるスタッフの準備も万全にできます。

壁側に給水管が設置されているタイプではお風呂と同じように壁付けの混合栓タイプになりますが、シンク台の上に設置されているタイプは大きく分けると2種類あります。ツーホールとワンホールという種類があり、シンク台下の給水管の状態をチェックすると簡単に判断できます。

ツーホールの場合、お湯用と水用の2つの給水管がそれぞれ蛇口に接続されていますが、ワンホールの場合、その手前で接合されています。台座付きの場合はツーホールタイプは横長の大きな台座なので、外観でも判断することができます。修理自体は一般的に壁付け用であれば低料金にて水漏れ修理を行っている福岡の専門会社があります。

台座タイプの場合はワンホールよりもツーホールの方が工賃が高く設定されていることが目立ちます。新しい住宅の場合は殆どのキッチンでワンホールタイプを用いていて、種類が豊富にあるので交換する際にも選択肢が広いものです。水漏れが起きてしまったことをきっかけに、ツーホールからワンホールへと変更してもらうという直し方も間違いではありません。対応する福岡の専門会社はあるので、事前に調査を行っておくと万全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *