蛇口の水漏れは福岡でも件数が多い

蛇口の水漏れは福岡で頻繁に起きやすい修理内容の一つで、キッチンや浴室など毎日使うところで緊急対応が必要になります。

パッキンの摩耗が原因で、交換しないといつまでも出続けるからです。万能水栓とか単水栓といわれる水栓のパッキンは比較的安いですが、キッチンの混合水栓とか浴室のサーモスタットシャワー混合水栓などに使われているパッキンは、部位によって高額な場合があります。だから簡単な作業であっても、修理前に価格を確認しておくことは大切です。直してもらってから、高いから払わないというわけには行きません。

後悔しないようにするためには、何でも事前に確認するようにしましょう。パッキンの摩耗だけでなく、全体的にサビつきメッキも剥がれている状態なら、部品だけ交換するより水栓そのものを交換したほうがいい場合があります。サビが発生しているのは外側だけとは限りませんし、あまりもろくなっていると使っているうちにポッキリと折れてしまいます。パッキンの劣化なら、ポタポタ落ちる程度ですが、折れてしまうと水が吹き出し辺り一帯が水浸しになり片付けが大変になるでしょう。

蛇口の水漏れを福岡の修理会社に早めに確認してもらい、部品交換だけでいいか一式交換すべきか見定めてもらうと良いです。修理会社は、主要メーカーの蛇口なら水漏れを福岡ですぐに対応できるよう、在庫を持っている場合があります。でも中小規模の会社だと現場を確認してから発注することも多いので、修理が次の日以降になることもあります。そんなときは応急処置をしてもらって、水浸しを防ぎましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *